あいウィメンズクリニック 不妊治療・検査のお問合わせはこちら
院内紹介 院長紹介 診療時間・アクセス(東京都・墨田区) お問合せ スタッフ募集
トップページへ 不妊治療について 不妊症の検査 不妊症の薬剤と治療法 治療スケジュール 原因別の治療

原因別の不妊治療



卵管因子 子宮卵管造影検査によって両側卵管の閉塞が疑われた場合
子宮卵管造影検査によって両側卵管の閉塞が疑われた場合は、まず腹腔鏡検査で卵管の状態を直視下に観察します。卵管周囲に癒着が起こっていることがよくあり、軽度の場合は腹腔鏡下手術で癒着剥離が可能です。

しかし高度の癒着が卵管自体にある場合は後日、開腹手術(卵管開口術)を受けるかあるいは体外受精の適応となります。

卵管因子の治療





排卵因子 排卵が認められない(無排卵)や、揮発排卵、遅延排卵の場合
排卵が認められない方(無排卵)や揮発排卵、遅延排卵の方には、
種々の排卵誘発剤を卵巣の反応性を見ながら
単独あるいは2〜3種類組み合わせて使用して排卵を誘発します。


排卵因子の治療





男性因子 精液検査で異常が認められた場合
精液検査で異常が認められた場合、漢方薬や末梢循環改善剤が有効である場合があります。しかし、男性不妊の場合は劇的に改善することはあまりありません。

一般的には少ない精子でも妊娠が期待できる人工授精体外受精
きわめて運動精子が少ない方は顕微授精が適応となります。

また、手術治療によって造精機能の回復が期待できる男性疾患(精策静脈瘤など)
もありますので、泌尿器科の診察もお勧めします。

男性因子の治療





機能性不全 卵管閉塞がなく、排卵も順調で、精子数も正常なのに妊娠しない場合
卵管閉塞がなく、排卵も順調で、精子数も正常なのに妊娠しない場合を
機能性不妊といい、不妊症の10〜20%を占めるとされています。

この場合もきちんとステップアップ方式で治療を進めてゆくことが大切です。


機能性不全の治療


コンテンツ
診療内容
不妊治療について
不妊症の検査
不妊症の薬剤と治療法
不妊治療スケジュール
原因別の治療
不妊治療の費用
治療成績
不妊治療費助成制度
よくあるご質問
不妊カウンセリング
夜間電話相談
患者様からのお便り
院内紹介
院長紹介
診療時間・アクセス
お問合せ
スタッフ募集

不妊症の検査・不妊治療のご予約はこちら

診療内容
不妊治療について
不妊症の検査
排卵因子の検査
卵管因子の検査
男性因子の検査
フーナー検査
抗精子抗体検査
抗ミュラー管検査
ERA検査
不妊症の薬剤と治療法
排卵誘発剤
人工授精
体外受精・胚移植
顕微授精
精巣内精子回収法
受精卵(胚)・精子凍結
胚盤胞培養
アシステッドハッチング
エンブリオ・グルー
不妊治療スケジュール
原因別の治療
不妊治療の費用
治療成績
不妊治療費助成制度
Q&Aよくあるご質問
不妊カウンセリング
夜間電話相談
患者様からのお便り
お問合せ
院内紹介
院長紹介
診療時間・アクセス
個人情報保護方針
スタッフ募集

不妊治療専門医あいウィメンズクリニック(東京都墨田区)