あいウィメンズクリニック 不妊治療・検査のお問合わせはこちら
院内紹介 院長紹介 診療時間・アクセス(東京都・墨田区) お問合せ スタッフ募集
トップページへ 不妊治療について 不妊症の検査 不妊症の薬剤と治療法 治療スケジュール 原因別の治療

不妊治療スケジュール

負担の少ない不妊治療から段階的に行います
一連の基本的な不妊検査が終わると、実際に不妊治療が始まります。
不妊検査の結果に大きな異常がなければ、負担の少ない不妊治療から段階的に行っていきます。

同じ不妊治療法を長く続けても、すべての方が妊娠できるわけではありません。
一定年間(年齢にもよりますが約6周期)きちんと治療を受けられても結果が出ない場合は、
少しでも確立のよい治療法にステップアップして行くようにします。




年齢や治療状況で個人に適合した不妊治療を

まず、ステップアップ方式での治療が基本となりますが、検査結果、その方の年齢や今までの治療状況によってはステップ2やステップ3からはじめることも必要となります。

タイミング法 ご夫婦ともに大きな異常がない場合は、
タイミング法
から始めてゆきます。

超音波による卵胞計測と尿中LH測定から排卵日をきちんと特定し、
夫婦生活のタイミングを指示します。
2〜3周期目からは排卵誘発剤を使用します。(6周期)
人工授精(AIH) タイミング法をきちんと行っていても妊娠されなかった方や精液検査で乏精子症や精子無力症と診断された場合には、人工授精(AIH)を行います。

タイミング法と同様に排卵日を特定し、精液中から運動良好精子を選別濃縮し、子宮内に注入する方法です。
高度生殖医療 人工授精を5〜6周期行っても妊娠されなかった方、子宮卵管造影検査や腹腔鏡検査で両側卵管が閉塞していると診断された方、高度男性不妊の方は、体外受精(IVF-ET)の適応となります。

また、体外受精を行っても受精しなかった方(精子受精障害)や精液中に運動精子がほとんど認められない方の場合には顕微授精(ICSI)が適応となります。

コンテンツ
診療内容
不妊治療について
不妊症の検査
不妊症の薬剤と治療法
不妊治療スケジュール
原因別の治療
不妊治療の費用
治療成績
不妊治療費助成制度
よくあるご質問
不妊カウンセリング
夜間電話相談
患者様からのお便り
院内紹介
院長紹介
診療時間・アクセス
お問合せ
スタッフ募集

不妊症の検査・不妊治療のご予約はこちら

診療内容
不妊治療について
不妊症の検査
排卵因子の検査
卵管因子の検査
男性因子の検査
フーナー検査
抗精子抗体検査
抗ミュラー管検査
ERA検査
不妊症の薬剤と治療法
排卵誘発剤
人工授精
体外受精・胚移植
顕微授精
精巣内精子回収法
受精卵(胚)・精子凍結
胚盤胞培養
アシステッドハッチング
エンブリオ・グルー
不妊治療スケジュール
原因別の治療
不妊治療の費用
治療成績
不妊治療費助成制度
Q&Aよくあるご質問
不妊カウンセリング
夜間電話相談
患者様からのお便り
お問合せ
院内紹介
院長紹介
診療時間・アクセス
個人情報保護方針
スタッフ募集

不妊治療専門医あいウィメンズクリニック(東京都墨田区)